FC2ブログ

2011-10

コーチングとカウンセリング

少し以前の話しになりますが、ICF, International Coach Federation のTokyo Chapter 主催による Global Coaching Forum に参加してきました。

プログラムの一つが、ICF president の Ed Modell 氏による講演。
もう一つが、TELL, Tokyo English Life Line 「東京英語いのちの電話」の Dr Linda Semlitz による“Psychological First Aid after 3.11”という内容の講演でした。

TELL「東京英語いのちの電話」は、日本での英語対応の電話相談室です。多国籍の、研修と実習訓練を受けたボランティアが、英語で無料相談を提供しています。また、資格を有する専門家によるカウンセリングも有料で行っています。
TELL Disaster Relief
Dr Linda Semlitz は精神科医で、TELLカウンセリングセンターのClinical Directorを務めておられます。

3.11の被災地で、被災者の方々の支援を行ってこられた経験をご紹介下さいました。

----------------------------------------------------------------------------------

 そこから改めて考えさせられたのは、「カウンセリングとコーチング」についてでした。

 カウンセリングは、心のエネルギーレベルがマイナスに下がってしまった状態を元のレベルに戻すプロセスです。それに対して、基底状態の心のエネルギーレベルをプラスに引き上げるのがコーチングです。
図 コーチング vs カウンセリング

 カウンセリングにおいては、クライアントは自分自身では問題が解決できなくなり、もがけばもがくほど糸にからまって行くように身動きがとれなくなって、心のエネルギーレベルも下がってしまっています。カウンセラーの対応は、クライアントの話しを傾聴し、承認し、クライアントの総てを受け入れます。そのプロセスで、クライアントは話すことにより、受け入れてもらうことにより、からまった糸がほぐれてゆくように、心が整理されてゆきます。時にはカウンセラーも糸をほぐしてゆくための助け舟を出しますが、クライアントは話しが整理されてゆくにつれて、心のエネルギーレベルも上がってきて、自分で整理できるようになってゆきます。

 一方、コーチングでは、クライアントと共にビジョン・夢のイメージを具体的に、明確にしてゆきます。ビジョン・夢のイメージは、具体的で生々しい程、自己実現をめざすエネルギーも高まり、手に入れやすくなります。夢の実現のための具体的なゴールをクライアント自らが設定して、コーチはクライアントの隠れた能力・リソースを引き出す事によって、一つ一つのゴール達成をサポートします。クライアントは、自らの責任でゴール達成に向かう心のエネルギーレベルも高まります。

---------------------------------------------------------------------------------

 3.11のような災害では、被災者は心に大きな傷を受けた状態にあります。決して忘れることのできるものではないでしょうけれども、自分の力で乗り越えてゆかねばなりません。しかし、被災者の心のエネルギーレベルはマイナスに下がっています。この状況では、被災者の話しを傾聴し、承認し、受け入れることがカウンセラーの役割になるでしょう。被災者は、思い出したくない過去の悪夢を話すことになるのですが、自分自身で向かい合って乗り越えてゆけないと、気持ちは過去に向いたままで動けなくなってしまいます。

 このような自然災害時にも、うつ病の発生率は増加することはこれまで観察されていません。こういう所にも、災害時の急性期反応が、精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などを扱うカウンセリングとは異なる特徴があるのではないでしょうか。
 では、被災者がその辛い経験を乗り越えてゆく力は、どこから生みだすことができるのでしょうか?
 やはり、未来の姿であり夢ではないでしょうか。精神疾患や心身症、精神心理的問題などを扱うカウンセリングと違って、被災者の方々の意識を未来にむけることによって、心のエネルギーレベルも高めてゆける可能性もあるように思います。

 こういった「意識を未来に向ける」手法は、コーチングとも共通するようです。
 カウンセリング(心理カウンセリング)の守備範囲は、精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などの援助・改善・予防・研究、あるいは人々の精神的健康の回復・保持・増進・教育と多岐にわたるのに対し、コーチングは人材育成を扱う、という棲み分けを考えるとその違いが理解しやすいかも知れません。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

scaramouche

Author:scaramouche
I am an Executive coach, Consultant and Negotiator working in Tokyo, Japan. In charge with develop people, leadership management and motivation management, supporting president level, executive level and organization level.
Concurrently a visiting lecturer/researcher in Ohmae Kenichi School of Business.

After earning MD and PhD in medicine, I experienced medical practice as an anesthesiologist and ICU expert followed by scientific research work of molecular biology and molecular genetics. Following academic experiences, I joined to a global pharmaceutical company, and experienced Drug Discovery projects, Biomarker works in global Biomarker group, and Drug Development projects in the global context of drug development. Through my medical and business career, I have shown leadership involving internal and external stakeholders to create the value of projects.

Specialties: MBA (Business strategy, Marketing, and People Development), GLLC Certified Coach, JCA Certified Medical Coach, ABNLP Certified NLP practitioner, JNLPA Certified NLP practitioner, JSNS Certified Negotiation analyst, MD.Sc, PhD (Medical), Faculty Fellow of Pharmaceutical Medicine, Certification by the Training course of Biomedical Ethics and Law (Tokyo University).

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
一般 (11)
マーケティング (2)
クラシック (2)
コーチング (10)
リーダーシップ (6)
イノベーション (3)
医療 (5)
アート (4)
組織人事 (6)
事業戦略 (3)
書評 (4)
心のマネジメント (6)
人材育成 (5)

最初のカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR