FC2ブログ

2011-09

指揮者とプレーヤー(2)

プレーヤーの自己改革いかがでしたか?
一人一人が常に変わるイメージを持ち、機会を模索することで、組織は進化します。

さて、では指揮者の役割とは何でしょうか?
オーケーストラでも、何十人、時には100人を超える演奏家をまとめて、共通の音楽を仕上げてゆく、
その姿はリーダーそのものです。中には、G Mahler の1000人の交響曲なんて超大編成ものもあります。

では、指揮者のリーダーシップとは何でしょうか?
指揮者はこのプロの演奏家集団の一人として、何をやっているのでしょうか?

リズムを取っている? どのように演奏して欲しいか指示している?
では、小沢征爾 サイトウキネン・オーケストラの Berlioz 幻想交響曲の映像をご覧ください。
曲も描写的で、場面の移り変わりに富み、一流ソリストの集団であるサイトウキネン・オーケストラの一人一人のプレーヤーのパフォーマンスがクロード・モネの印象派の絵画のようなきらめきを放っています。

1楽章
1/2楽章
3楽章
4楽章
5楽章

いかがでしたか?
一般的に、リーダーの仕事は、夢を描いてみせ、人々をそこにつれてゆくこと、と言われます。
それに対して、マネジャーの仕事は、結果を出すこと、人材を育てることの2点に集約されると言われます。

カリスマ的な輝きを放っているリーダーもおられます。
しかし、演奏するのはプレーヤーです。

----------------------------------------------------------------------------------

リーダーシップ論は、これまでに多くが論じられできました。20年に渡ってリーダーシップ論にかかわってきた Warren Bennis は、その著書'Leaders' (日本語版「本物のリーダーとは何か」)の中で、自身有用だったとする提言を述べています。
① リーダーシップとマネジメントは違う
   'Manager is to do things right, Leader to do right things'とは、Warren のぶれない主張です。
② リーダーはメンバーに力を与える
   リーダーは、メンバーに権限移譲することで、意図を実現しそれを維持させます
③ 組織には全員が共有できるビジョンが必要である
   ビジョンにそった明確なミッション・目標を、個々のメンバーがもつことで、モチベーションが湧いてきます
④ 組織には信頼が不可欠である
   個々のメンバーがリスクを取るためにも、上司や組織がそれを受け入れていること、安心してリスクにチャレンジできる環境が必須です。この信頼に基づく環境を作るのもリーダーの役割です。
⑤ リーダーはものごとの意味を伝える
   リーダーは組織の価値観を明確に表現し、現実を解釈し、ものごとの意味を浮き彫りにして、
   組織の行動指針となる原則を一貫性のある形で伝える

----------------------------------------------------------------------------------

オーケストラの指揮者も全く同じではないでしょうか。

一人一人のメンバー(トッププロです)の個性と主張を受け入れ、強みを発揮できる環境を作り出しながら、
チームと、曲/作曲家の価値観にスポットライトをあてて、
チーム全員が共有できるビジョンを描いて見せる。
このようなプロセスをリハーサルの時間を使って築き上げていきます。

さて、実際の演奏会の場面ではどうでしょうか。
音楽は、時間の芸術です。放たれた音は、時間と共に消えてなくなります。
その瞬間瞬間に、曲のもっているビジョン、
曲全体とその場面場面のビジョン・ミッションを演奏家に伝える。

演奏会では、指揮者は「一歩先の未来」というビジョンを描いて見せています。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

scaramouche

Author:scaramouche
I am an Executive coach, Consultant and Negotiator working in Tokyo, Japan. In charge with develop people, leadership management and motivation management, supporting president level, executive level and organization level.
Concurrently a visiting lecturer/researcher in Ohmae Kenichi School of Business.

After earning MD and PhD in medicine, I experienced medical practice as an anesthesiologist and ICU expert followed by scientific research work of molecular biology and molecular genetics. Following academic experiences, I joined to a global pharmaceutical company, and experienced Drug Discovery projects, Biomarker works in global Biomarker group, and Drug Development projects in the global context of drug development. Through my medical and business career, I have shown leadership involving internal and external stakeholders to create the value of projects.

Specialties: MBA (Business strategy, Marketing, and People Development), GLLC Certified Coach, JCA Certified Medical Coach, ABNLP Certified NLP practitioner, JNLPA Certified NLP practitioner, JSNS Certified Negotiation analyst, MD.Sc, PhD (Medical), Faculty Fellow of Pharmaceutical Medicine, Certification by the Training course of Biomedical Ethics and Law (Tokyo University).

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
一般 (11)
マーケティング (2)
クラシック (2)
コーチング (10)
リーダーシップ (6)
イノベーション (3)
医療 (5)
アート (4)
組織人事 (6)
事業戦略 (3)
書評 (4)
心のマネジメント (6)
人材育成 (5)

最初のカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR